FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界キワモノ演芸2006秋場所 @新宿ロフトプラスワン

第1回から欠かさず見ているが
このイベントにまだ伸びしろがあったのか!?
という驚きで終始笑いっぱなしだった驚愕のイベント。
もしこれが金玉袋だったら伸ばしすぎでとっくのとうに破れている。

今大会最大の注目は、
キワモノたちの戦場に突如名乗りを上げた謎のユニット・オリエンタルテレビ。
ヒロポン打って浅草を徘徊しつつアメ横で2個で1000円とか言ってそうな老人&
王監督から胃を切除したような老人2人組みが
80パーセント何を言っているかわからないラップ調で
戦時中の武勇伝をお送りするという
オリエンタルテレビというよりも完全に蓄音機や無線機といった塩梅の時代感で
大爆笑を取りつつも審査員から余命を心配されあえなく1回戦でリタイア。
8時開演にもかかわらず8時20分で家路に着いた。

また今大会は大阪遠征組の天津・向が大活躍。
自然体でオタクを形態模写し続けるお家芸が
この日のロフトプラスワンの空気に大ハマリし
遠征組では初の決勝進出を果たすと同時に
オタクが正式にキワモノとして認定されてしまうという不測の事態に。
これから岡田斗司夫をキワモノキングとして認識しなければならない。

そしてやはり圧巻だったのがキワモノ演芸の象徴・増谷キートン。
沖縄の民族楽器で自らの股間を挟む伝統芸とキワモノ芸のコラボや
ピンクの全身タイツに頭にろうそくを巻きつけたいでたちで登場し
99円SHOPのテーマにのせて
本皮のバラ鞭で長芋をちょっとだけ磨くという
もはやアートにしか見えないネタで仏恥義理の優勝。
対戦相手は次々と戦意喪失していた。

そんなこんなで今回も最大風速を記録したと思っていたら
次回は11月開催という告知アナウンスが流れ
先程まで咽喉が枯れるほど笑っていた客席からは
「そんな短いスパンでまたやるのかよ・・・」的な失笑が。
今回のオリエンタルテレビの衝撃を超えるにはもう
きんさんぎんさんのデスマスク持ってくるくらいしかないだろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

冷凍食品

Author:冷凍食品
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。